江戸川区、避難所に救助ボート 100カ所に配備開始

2020/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都江戸川区は区内100カ所超の避難所や区の施設などに災害用の救助ボートの配備を始めた。同区内は7割が海抜ゼロメートル地帯で、水害のリスクが大きい。災害拠点にボートを配備することで、区内が広範囲に浸水した場合に人や物資の運搬に役立てる。

配備するのは内部に硬質ウレタンが入った耐久性の高い6人乗りボート。価格は1台あたり約50万円。全106台のうち20台を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]