/

この記事は会員限定です

「変なおじさん」踊る仲 山岡達丸

[有料会員限定]

慶応義塾大学に進学し、マスコミの記者を目指して毎月学生向けの新聞を出す「慶応塾生新聞会」に入った。そこで出会ったのが倉重公太朗君だ。経済学部の同期で、ノートの貸し借りをした。

2002年夏に短期留学プログラムで一緒に米国に行った。現地で「日本の踊りを教えろ」と言われ、彼は先陣を切って先日新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさんの「変なおじさん」を披露した。あたかも日本の伝統の踊りかのように、参加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン