/

(中国人消費SNS分析) ブルーボトルコーヒー、上海に本土1号店

オシャレよりこだわりに期待

[有料会員限定]

2月25日、上海市で最大6時間待ちといわれた長蛇の列ができた。中国本土に初出店となる「ブルーボトルコーヒー(中国名・藍瓶珈琲)上海1号店」のオープン日の出来事だ。コーヒーを飲むために6時間並んだわけである。

上海は中国におけるカフェ激戦区だ。中国メディアの第一財経のデータでは、市内にあるカフェの店舗数は2021年1月時点で約7000軒。一部報道では22年に8000件を超えたともいわれる。そこに世...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン