ICT機器「学校再開」商機 エルモ社、電子黒板の需要開拓 バッファロー、教室用基地局を増産

2020/5/26付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で一斉休校になっていた愛知、岐阜、三重県の公立小中学校が順次再開している。遅れた授業を挽回したり、在宅学習で理解を深めたりするため、ICT(情報通信技術)を使ったデジタル教材の需要に弾みが付きそうだ。中部企業も液晶ディスプレーを使った電子黒板や、教室専用の無線LAN機器に商機を見いだす。

光学機器大手、テクノホライゾン・ホールディングスはそのひとつだ。子会社のエルモ社(名…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]