交遊抄驚かせたい師 太田裕朗

2020/5/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

私にはなんとか驚かせたい人がいる。米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二先生だ。2014年に青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞された。その後も研究成果を生かして企業を設けるなど、技術の第一線で勝負を続けている。

ロームで半導体材料の研究チームを率いていた06年、共同研究先として米国を訪ねたのが出会い。衝撃を受けたのは判断のスピードだ。別の材料を使った方が開発が進む…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]