松田昌士氏死去 JR東元社長 84歳、民営化の立役者

2020/5/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

JR東日本の元社長の松田昌士(まつだ・まさたけ)氏が5月19日午後1時58分、肝臓がんのため死去した。84歳だった。連絡先は同社総務・法務戦略部。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

井手正敬氏(JR西日本元社長)や葛西敬之氏(JR東海名誉会長)とともに「国鉄改革3人組」と呼ばれ、国鉄の分割・民営化の立役者の一人となった。北海道出身。北大大学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]