コロナで休業の妊婦に補償 厚労省、1社最大200万円

2020/5/25付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症への不安から仕事を休む妊婦への収入補償の仕組みを設ける。特別な休暇を認める企業に対し、1社あたり最大200万円を助成する。現在は妊婦が感染の不安を感じて休業しても休業手当が支払われない可能性があり、対応を求める声が出ていた。妊婦が収入を得ながら安心して休める環境をつくる。

妊娠中の女性のために特別な有給休暇制度を導入している企業が助成の対象になる。通常の年次…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]