/

この記事は会員限定です

外食 脱・店舗に活路

デニーズ、宅配専用の厨房/塚田農場、冷蔵品通販に的

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で苦境の外食が宅配や通販の強化を急ぐ。デニーズは宅配専用の厨房を開設したほか、居酒屋「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーは冷蔵食品を開発した。店内営業が中心の外食産業はコロナによる減収が大きく、店舗以外の下支え役が欠かせない。コロナ後の「ニューノーマル(新常態)」でも飲食店の宅配シフトが加速しそうだ。

デニーズを運営するセブン&アイ・フードシステムズ(東京・千代田)は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン