データの世紀危機が問う選択(上)個人か社会か 使い方次第の「背番号」

2020/5/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスがデータエコノミーに新たな選択を迫る。個人データを駆使するテクノロジーは副作用も伴うが、うまく使いこなせば感染拡大の防止や経済再生の原動力にもなる。個人と社会の利益に、どう折り合いを付けるか。世界は試されている。

関連記事企業面に

5月中旬、東京・渋谷に住む児島愛子さん(仮名、25)はいらだっていた。各地で始まった10万円の現金給付をネットで申し込もうとしたが、手続きがなかな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]