/

この記事は会員限定です

サバで養殖産業創出

茨城県・ヨコレイ、連携協定

[有料会員限定]

茨城県は29日、冷蔵倉庫大手のヨコレイと養殖産業の創出で連携協定を結んだ。2022、23年度の2年間、マサバ稚魚の育成と養殖を試み、ヨコレイが事業性の検討や流通を担う。同県はサバの水揚げ量全国1位だが、持続可能性のある漁業の創出が課題だ。サバの流通ノウハウを持つヨコレイと連携し事業化に弾みをつける。

茨城県栽培...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン