/

この記事は会員限定です

フェイスブック社員半数、在宅勤務に

今後5~10年で 「自宅」前提の採用拡充

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】新型コロナウイルスの感染対策として企業が出社制限を続けるなか、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が今後5~10年で社員の半数が自宅で勤務するようになるとの見通しを示した。自宅で働くことを前提とした技術者の採用を始めるなど社内体制を整える。新型コロナが働き方を変え始めた。

ビデオ会議システムなどを通じて21日、社員に新たな方針を説明した。フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン