米レンタカー・ハーツ破綻 コロナで需要減、米ウーバーなどライドシェア勢も苦境

2020/5/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米レンタカー大手のハーツ・グローバル・ホールディングスが22日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し経営破綻した。創業100年を超えるレンタカー業界の老舗だが、近年は米ウーバーテクノロジーズなど新興のライドシェア勢に押されて業績が低迷していた。新型コロナウイルスの影響による旅客需要の減少が経営悪化に追い打ちをかけた。

ハーツは22日の声明で「コスト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]