/

この記事は会員限定です

日本教育学会、9月入学に反対提言

「学力差縮小、期待できない」

[有料会員限定]

日本教育学会は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校長期化を受けて政府内で議論が始まった始業や入学時期の9月移行案について「学習の遅れを取り戻し、学力格差を縮小する効果は期待できない」として反対する提言をまとめた。制度変更にかかる国や自治体、家計への負担は6兆円を超えるとも指摘し、入試選抜方法の改善案なども求めた。

広田照幸学会長(日本大教授)は同日、政府に提言を提出した後に記者会見し「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン