/

この記事は会員限定です

需要急減、東大阪の下請けを翻弄

事前提示の数量、コロナで「ゼロ」も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる減産が広がるなか、中小の町工場が集積する大阪府東大阪市の下請けメーカーが元請けの急な生産計画の変更に頭を悩ませている。正式な注文の数カ月前に数量見通しを示す「内示注文」に合わせて原材料などを調達していたら、突然、大幅カットになるケースが相次いでいる。こうした事態は他の地域でも起きており、中小企業庁も注視している。

大型連休が明けて間もない5月中旬。ある鉄工所の社長は目を疑っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン