/

この記事は会員限定です

円安加速、3週で10円下落

対ドル、日米金利差拡大で

[有料会員限定]

【ニューヨーク=斉藤雄太】外国為替市場で急速に進む円安に対し、海外投資家の関心が高まっている。28日には一時、約6年半ぶりとなる1ドル=125円台を付け、ここ3週間で10円もの円安・ドル高が進んだ。ユーロやポンドなどの主要通貨に対しても円は独歩安の様相をみせる。世界的な金融引き締めの波が広がるなかでも日銀は緩和継続姿勢を堅持し、さらなる円安を見込む声も広がりつつある。

28日はロンドン市場で対ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン