JR四国、コロナ難局に「2頭体制」 社長に西牧専務
影響甚大でも「悲観せず」

2020/5/23付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

JR四国は22日、西牧世博専務(65)が社長に昇格し、半井真司社長(64)が代表権のある会長に就く人事を発表した。新型コロナウイルスの影響などで鉄道事業が落ち込む中、業績の立て直しが喫緊の課題となる。今後は半井社長が業界団体を通じて四国4県の観光振興に力を入れ、西牧新社長が難しい経営のかじ取りを担うことになる。

人事は同日の政府の閣議で了解された。6月下旬の株主総会と取締役会後に就任する。記者会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]