/

この記事は会員限定です

半導体、5四半期ぶり増益 1~3月最終

世界10社、データセンター用好調

[有料会員限定]

世界の半導体メーカーの業績が回復している。主要10社の2020年1~3月期の純利益は5四半期ぶりに増益に転換した。次世代通信規格「5G」をにらんだIT大手のデータセンター投資が加速し、演算処理向け半導体が好調。新型コロナウイルスの影響で、巣ごもりによる通信量の増加も追い風となった。一方、メモリー半導体企業の業績回復は道半ばで、スマートフォン需要などに下押し懸念がくすぶる。

米インテルなど大手10社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン