/

この記事は会員限定です

新球場「ワクワクしかない」 日ハムの稲葉篤紀GM

ビッグボス采配、選手は開き直れる

[有料会員限定]

プロ野球・日本ハムにとって本拠地・札幌ドーム最終年となる2022年シーズンが開幕した。稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM)は、野球日本代表監督として東京五輪で金メダルに輝いた。日本経済新聞の取材に稲葉GMは23年開業の北海道北広島市の新球場について「ワクワクしかない」と語った。

――ビッグボスこと新庄剛志監督は打順やポジションを柔軟に変えています。

「ビッグボスを見ていると、『これもありだな』と新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン