/

この記事は会員限定です

コロナ重症、診療報酬3倍 厚労省検討

病院の収入減に対応

[有料会員限定]

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の重症患者を受け入れる病院が受け取る診療報酬を引き上げる検討に入った。本来の入院料から3倍に引き上げる案が軸だ。4月に本来の入院料から倍増させたばかりだが、病院では重症患者の治療に人手がかかり、受け入れ可能な患者が減るなどして減収分を取り戻せていない。報酬を手厚くして受け入れ体制を整え、感染の再拡大に備える。

来週にも中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン