/

この記事は会員限定です

コロナ感染予防の点鼻薬、臨床試験

[有料会員限定]

京都府立大学

 塚本康浩教授は新型コロナウイルスの感染予防に使う点鼻薬を開発した。一般的にワクチンなどを作る鶏卵よりも大きいダチョウの卵を使い、必要な量の抗体を量産した。大阪府などの3病院で臨床試験を始めた。医師や看護師へ投薬し、感染拡大に伴う医療崩壊を防ぐ。

ヒトの培養細胞に新型コロナウイルスの抗原たんぱく質を作らせた。塚本教授が社長を務める京都府大発スタートアップのオーストリッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン