Outlook 今週の市場一時的に円高圧力も 米中の対立激化で不透明感

2020/5/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

今週の円相場は綱引きがつづくなかで、ドルや新興国通貨に対して一時的に円高に振れる圧力が高まるリスクもありそうだ。先進国を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が一服して経済活動を再開する動きが広がる一方、新興国ではなお感染者数の増加が続いている。さらに、コロナ対応も絡みながら米中の対立が激化し、世界経済の先行きに対する不透明感が一段と濃くなる恐れがあるためだ。

政府は25日にも北海道や東京都などの緊…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]