/

この記事は会員限定です

GROOVE X社長 林要氏

人に愛されるロボ開発

[有料会員限定]

「役に立たないが人に愛されるロボットを実現したい」。GROOVE X(東京・中央)はペット型ロボット「LOVOT(ラボット)」を開発・販売する。ラボットは身長約43センチ、体重約4キロ。頭の上にカメラとセンサーがあり、生き物のように振る舞う。頻繁になでたり抱き上げたりすると懐いてくれる。

社長の林要氏はソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」の開発に携わった。高齢者との交流会でペッパーが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン