/

この記事は会員限定です

「新しい日常」都が提案

自粛緩和へ備え、感染防止・経済両立めざす 都民からアイデア募集も

[有料会員限定]

東京都は22日、新型コロナウイルスの感染拡大収束に向けた「新しい日常」のモデルを都民や事業者向けに公表した。都民に「3密」回避など基本的な対策の徹底を呼びかけるほか、企業には事業の本格再開の際の留意点をガイドラインとして示した。「ポスト・コロナ」(小池百合子知事)を見据え、有識者や都民、企業から広くアイデアを募る。

小池氏は同日の記者会見で、店舗・施設の休業や都民の外出自粛の要請の段階的緩和の行程...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン