/

この記事は会員限定です

グローバルモビリティサービス社長 中島徳至さん

頑張る人の人生変えたい(1)

[有料会員限定]
 「フィンテックの力で世界から貧困と環境問題をなくしたい」。グローバルモビリティサービス(GMS、東京・港)社長の中島徳至さんは、ローンの支払いが滞った時に車のエンジンを遠隔操作で止められる技術を使い、信用力が乏しい人でも車を持てる仕組みを開発した。所得が少ない海外のタクシー運転手が貧困を脱出する社会創造に挑んでいる。

フィリピンに行ったとき、黒煙をモクモクと吐き出してたくさんのトライシクル(三...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1338文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません