/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、異例の財務対策

未上場アーム株担保に1兆円 手元資金を厚く

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が月内にも、英半導体設計子会社アームの株式を担保に国内外の銀行団から資金調達することが分かった。金額は80億ドル(約9700億円)規模で、未上場株を担保にした資金調達では世界的にも異例だ。株安で先行き不透明感が漂うなか、異例の策で手元資金を厚くし財務指標の悪化に歯止めをかけるのが狙いだ。アームが予定通り上場できるかなど懸念材料も残る。

みずほフィナンシャルグループ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン