/

この記事は会員限定です

ロシア、焦りの戦略修正 東部掌握を優先

各地で苦戦、首都制圧の目標後退

[有料会員限定]

【ワルシャワ=木寺もも子、中村亮】ウクライナ侵攻で苦戦を強いられているロシアが軍事戦略を変更したとの見方が浮上している。ロシア軍幹部が25日、ウクライナ東部2州の制圧を優先する姿勢を示したためだ。ウクライナ首都キエフを早期に制圧し、親欧米派のゼレンスキー大統領を退陣させる当初のシナリオの変更を迫られている可能性がある。(1面参照

ルドスコイ第1参謀次長が侵攻開始からの1カ月を総括し、ウクライナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン