/

この記事は会員限定です

大卒採用、来春18%増

景気減速なら見直しも 本社1次集計

[有料会員限定]

日本経済新聞社が26日まとめた2023年春入社の新卒採用計画調査(1次集計)で、大卒の採用計画は22年春の実績見込みと比べて18.3%増となった。前年の4.4%増から改善し08年のリーマン・ショック以降で最も伸びた。デジタル化や脱炭素を担う理工系人材の伸びが顕著だ。コロナ後を見据え人員確保に動く。ウクライナ情勢で景気が減速すれば計画が見直される可能性もある。(関連記事総合5面、回答一覧などを28日付で掲載。詳細を28日付日経産業新聞と日経MJに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン