/

この記事は会員限定です

揺らぐ長期投資の定石

[有料会員限定]

スタグフレーション(景気悪化とインフレの併存)への懸念が高まり、長期投資の定石である資産の6割を株式、4割を債券に投資する「60/40」戦略への逆風が強まっている。

25日の株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。アップルが9日続伸するなど、一部主力株への買いが指数を押し上げた。

米連邦準備理事会(FRB)が約3年ぶりの利上げを決めた16日以降、リリーフラリー(安堵の相場上昇)が続く株式市場。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン