/

この記事は会員限定です

G20でロシア排除論 バイデン氏主張、中国は反対

民主と強権で二極化、機能不全の恐れ

[有料会員限定]

日米欧の主要7カ国(G7)や、中国、インドなど新興国が参加する20カ国・地域(G20)で、ウクライナを侵攻したロシアの排除論が浮上した。民主国家と強権国家が反目する国際社会の縮図となり、議長国インドネシアは対応に苦慮している。(1面参照

バイデン米大統領は24日、訪問先のブリュッセルでの記者会見で、ロシアのG20からの排除が必要かと聞かれ「答えはイエスだ。G20次第だ」と応じた。インドネシアを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン