呉信金、前期純利益46%減

2020/5/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

呉信用金庫(広島県呉市)が21日発表した2020年3月期決算は、純利益が前の期比46%減の7億500万円だった。低金利を受けて貸出金利息が減少したことに加え、相場下落に伴う投資信託の解約損益が減った。

呉市の事業者は基幹産業である鉄鋼業の不況で厳しい状況に置かれてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]