/

この記事は会員限定です

緊急事態中に4回

朝日・産経が謝罪 社員参加「極めて不適切」

[有料会員限定]

東京高検の黒川弘務検事長(63)による賭けマージャン問題を巡り、社員が参加したと報道された朝日新聞社と産経新聞社は21日、社員からの聞き取り結果をそれぞれ文書で公表し、謝罪した。

朝日新聞社広報部によると、同社東京本社勤務の50代男性社員は緊急事態宣言が出た後に計4回、黒川氏との賭けマージャンに参加。いずれも東京都内の産経新聞社記者の自宅マンションに集まり、同社記者2人を含む計4人で行った。

4人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン