/

この記事は会員限定です

生殖技術と親になること 柘植あづみ著

進展黙認する社会に警鐘

[有料会員限定]

子どもが欲しい、と願いながらその望みが自然な試みではかなわなかったとき。カップルは絶望の先に、不妊治療という希望を見つける。

20世紀後半から世界で普及した体外受精などの生殖技術は、不妊に悩む人々に救いの手を差し伸べてきた。ではその技術を使って「親になる」とはどんな経験なのか。本書で描くのは当事者の葛藤、そして海図なき進展を黙認する社会への警鐘だ。

第三者による精子・卵子の提供などの生殖技術と、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません