関西企業、通常稼働へ前進 京セラ・任天堂は徐々に出社拡大

2020/5/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大阪など3府県で21日に緊急事態宣言の解除が決まり、企業も営業や生産活動の正常化に動く。関西地区に本社を置く京セラや任天堂は在宅勤務の運用を緩和する。ただ、レジャー施設は地元限定で部分再開するなど、感染予防の取り組みは続く。コロナへの対応を前提とした新たな生活様式への対応は手探りだ。(1面参照

京セラは20日から、京都市の本社など3府県の従業員について「原則」としていた在宅勤務を段階的に緩和し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]