やさしい経済学進化する健康経営(5)「ウェルビーイング」経営へ 武蔵大学教授 森永雄太

2020/5/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

健康経営に取り組み始めた企業が直面するもう一つの課題は、健康のポジティブな側面に対する認識と評価をいかに共有するかです。前回指摘した組織全体への浸透という課題をクリアするためにも、健康のポジティブな側面への注目が重要だと考えられます。

世界保健機関(WHO)は憲章で、健康について「病気でないことや弱っていないことではなく、肉体的・精神的・社会的に完全に満たされた(ウェルビーイングな)状態」として…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]