/

この記事は会員限定です

ネットの紛争解決にAI 法務省、5年後めど導入へ

通販など想定 調停費用や時間圧縮

[有料会員限定]

法務省は通信販売などのインターネット上の紛争を解決する「オンライン紛争解決手続き」(ODR)の基本方針をまとめた。5年後をめどに人工知能(AI)を使って解決をしやすくするシステム導入を実証する。調停にかける時間や費用を圧縮し企業や消費者の負担軽減をめざす。

ODRは裁判をせず調停人の仲介の下で対話アプリなどを使い調停案をとりまとめる仕組みを指す。

通販などオンラインで完結するサービスは互いに顔が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン