/

この記事は会員限定です

魚介・木材値上がりの恐れ ロシアの最恵国待遇を撤回

財務省「追加関税36億円」

[有料会員限定]

政府はウクライナ侵攻を続けるロシアへの追加制裁で、貿易上の優遇措置を与える最恵国待遇を撤回する。財務省は24日、優遇をやめるとロシアからの輸入品に年約36億円の追加関税がかかるとの試算を示した。魚介類や木材の価格上昇につながる可能性がある。

最恵国待遇は世界貿易機関(WTO)が定める規定で、関税や通商など、ある国に与えた最も有利な待遇をすべての加盟国に適用して平等に扱う原則だ。各国・地域はWTO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン