/

この記事は会員限定です

投信、手数料統一の波 野村アセットなど信託報酬下げ

「一物多価」弊害解消へ 乱立商品の併合は進まず

[有料会員限定]

運用業界で株価指数などに連動するインデックス投信の手数料を同一にする動きが本格化してきた。アセットマネジメントOneや野村アセットマネジメントなどの大手が手数料統一に乗り出した。日本では実質的に同じ投信でも信託報酬が異なる「一物多価」が問題視されてきた。手数料の透明化は長期の資産形成にプラスだが、投信の併合といった抜本策は先送りされたままだ。

野村アセットは1月、従業員が給与天引きで積み立てる投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません