/

この記事は会員限定です

モデル トラウデン直美(4)

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』 子供も政治に関心

[有料会員限定]

箸休めのつもりで読み始めた本が、思いがけず大きな学びをもたらしてくれた時ほど嬉(うれ)しいことはない。『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川文庫)は私にとってそういう本だった。

本書はエッセイストの米原万里氏による、中・東欧での体験をもとにしたノンフィクションである。著者は1960~64年の間、9歳から14歳までを在プラハ・ソビエト学校で、50カ国以上の国の子供たちと共に過ごした。帰国後、時を経て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン