/

この記事は会員限定です

「脱ハンコ」へ整備加速

電子書類の公的認証、年内に テレワークの拡大契機

[有料会員限定]

電子書類が本物であると認証する公的制度の整備がようやく加速しそうだ。総務省は文書が改ざんされていないと証明する「タイムスタンプ」の事業者認定の運用開始を当初の2021年度から20年内に早める。電子的な社印「eシール」は22年度から1年の前倒しを目指す。テレワークの広がりを踏まえ、遅れていた「脱ハンコ」の環境づくりを急ぐ。

米国では電子書類の作成者を証明する「電子署名」に関する連邦法や州法が制定さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン