/

この記事は会員限定です

タワマン計画10万戸超

今年以降完成、民間見通し

[有料会員限定]

不動産経済研究所(東京・新宿)は2020年以降に完成する超高層マンション(20階以上)の計画が全国で約10万3千戸に達する見通しとの調査をまとめた。1年前の調査に比べて約8千戸増える。ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部案件で工期が延び、完成が遅れる懸念も出てきている。

20年以降に全国で完成が予定されている超高層マンションは3月末時点で258棟、10万3100戸に達し、19年3月末に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン