/

この記事は会員限定です

東芝分割案を否決、株主提案も 臨時総会

島田社長「価値向上策を検討」

[有料会員限定]

東芝が24日に開いた臨時株主総会で、グループ全体を2分割する会社提案の議案が否決された。半導体を扱う「デバイス」事業を分離・独立させ、発電機器などの「インフラサービス」事業は本体に残すもの。会社に他社からの出資受け入れなどを積極的に検討するよう求める株主提案も否決された。東芝再建に向けた戦略作りは振り出しに戻ることとなる。

総会の議長を務めた島田太郎社長兼最高経営責任者(CEO)は表情を崩さずに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン