解読・メガ銀決算(下)航空・資源に不安の芽 減損や焦げ付きリスク

2020/5/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

3メガ銀行は融資の焦げ付きなどに備えて計上する与信関係費用を今期は前期の2倍近くに増えると見込む。リスクの分散と抑制で邦銀は貸出債権の質を高めてきたが懸念も少なくない。

焦点は航空機だ。「航空機リースのポートフォリオ(資産構成)はどうなっているか」。タイ国際航空が会社更生手続きに入った19日、三井住友フィナンシャルグループ(FG)の投資家向け説明会で証券アナリストから警戒の声があがった。

新興国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]