/

この記事は会員限定です

従業員の感染に警戒継続

濃厚接触で自宅待機に/出張・会食は再開の動き

[有料会員限定]

企業が新型コロナウイルス対策「まん延防止等重点措置」の解除後も感染拡大への警戒を続けている。第一三共千代田化工建設は濃厚接触した従業員に自宅待機を求める措置を維持する。企業は職場での濃厚接触者の特定を求められなくなったが、事業の停止リスクを避けるため独自に運用する。半面、出張や会食などでは再開する動きも出ている。

厚生労働省はまん延防止措置の解除に先立ち、企業に職場で濃厚接触者を特定して一律で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン