WHO、協調へ不安残す 総会閉幕、コロナ対応検証へ 米中の溝埋まらず

2020/5/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

世界保健機関(WHO)の年次総会は19日、新型コロナウイルスへの初動対応の検証やワクチン開発での協力を求める決議案を採択し、閉幕した。ただトランプ米大統領がWHOの運営は「中国寄り」だとして脱退を示唆するなど、加盟国の協力体制には不透明さが残った。

WHOのテドロス事務局長は閉幕のスピーチで「WHOは透明性、説明責任、継続的な改善にしっかりコミットしていく」と締めくくった。新型コロナの感染収束に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]