/

この記事は会員限定です

中小、事業譲渡広がる コロナで売却 4月30件

廃業ピーク早まる恐れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の鈍化で、中小企業が第三者に事業譲渡を模索する動きがじわり広がっている。大手のM&A(合併・買収)仲介サイトによると、新型コロナを理由とした売却案件は4月で30件と2月の数件から大幅に増えた。今後の景気悪化で買い手がつかないことも想定され、もともと予想されていた中小企業の廃業のピークが早まる可能性もある。

19日までに民事再生法を申請した埼玉県地盤の路線バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン