/

この記事は会員限定です

炭酸飲料の製造能力倍増

アシード、広島で 西日本向け体制構築

[有料会員限定]

飲料製造と自動販売機の運営を手掛けるアシードホールディングスは、缶飲料の製造を担う子会社、宝積飲料(広島県東広島市)の志和工場(同)の炭酸缶の充填設備を刷新する。12月に着工、2023年春に稼働させる予定。缶チューハイなどの需要が拡大を続けており、同工場の炭酸飲料の製造能力を倍増させる。

宝積飲料は主にソフトドリンク製造を担ってきた。今回の刷新で250ミリリットル缶に加え、350ミリリットル缶や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン