新電力、燃料高で「逆ざや」 ホープエナジー破産申請へ - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

新電力、燃料高で「逆ざや」 ホープエナジー破産申請へ

昨年30社以上が撤退

[有料会員限定]

新電力の苦境が鮮明だ。2021年に30社以上が撤退し、22日には東証マザーズ上場のホープが新電力子会社の破産手続き開始の申し立てを決めた。ウクライナ危機に伴う燃料高で卸電力価格が高騰し、22年3月の平均価格は前年同月比4倍超の水準。発電設備を持たない多くの新電力は調達価格が販売価格を上回る「逆ざや」に陥る。地震による火力発電所停止も拍車をかける。 

自治体向けサービスを手掛けるホープは18年3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1694文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません