/

この記事は会員限定です

アジアの中銀、国債直接購入

コロナ対策に財源供給 インフレ懸念、苦肉の策

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】新型コロナウイルス感染拡大を巡るアジア各国の経済対策を、それぞれの中央銀行が非常手段で支え始めた。インドネシアやミャンマーなどの中銀は政府が発行した国債を直接引き受ける「財政ファイナンス」を認め、政府の国債増発を下支えする。財政規律を損ないインフレなどのリスクを伴うが、経済回復を優先する苦肉の策だ。

インドネシア中銀のペリー総裁は19日の政策決定会合後の記者会見で、5月まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン