/

この記事は会員限定です

東電に関電など電力融通 夕方以降「停電の恐れ」

初の逼迫警報、東北電にも

[有料会員限定]

東京電力は22日、夕方以降に一部地域で停電が発生する恐れがあると明らかにした。福島県沖地震で複数の火力発電が停止したうえ、気温低下で暖房需要が上がり電力不足が予想されるため。関西電力などから電力融通を受電するが、東電はなお電力消費の1割に相当する約6000万キロワット時の節電が必要だとする。東北電力も電力逼迫しており、政府は同日、同管内でも電力需給逼迫警報を出した。(関連記事を社会面に

東京電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン