/

この記事は会員限定です

まん延防止、2カ月半ぶり解除 飲食店「繁忙期間に合った」

時短慣れ・支援終了に不安

[有料会員限定]

東京都や大阪府など18都道府県に対する新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が22日から解除され、約2カ月半ぶりに適用地域がなくなる。自治体の要請に従って酒類提供の制限や時短営業を続けてきた飲食店はかき入れ時に備えて歓迎する一方、売り上げが減った分を補う支援制度を使えなくなる不安もみられる。

1面参照

「歓送迎会のピークに間に合ったことが何より大きい」。東京・新橋のそば居酒屋「寿毛平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン